2013年08月26日

傾物語 第貮話

今回はまたえっらいカットしまくったなぁシャフトオォォ!!

はいどうも、毎度毎度魂の叫びから入りますが見ましたか見ましたよね!?
<物語>シリーズ・セカンドシーズン 傾物語「まよいキョンシー」其の貮っつーか第二話!


なんというかねー、前々からぶっちゃけて言ってるように、今回のこの「傾物語」って、少なくとも原作を読んだ感想的には八九寺メインというより、話の展開的には忍ちゃんメインな話なんですよねー。

詳しくはそれこそ原作を読んでもらえれば分かるかと思うんですけれども、このアニメ版ではなぜか、その忍ちゃんの魅力満載なトコロをまるっとカットしてるって感じで、これは全国の忍ちゃんファンがキレてシャフトに雪崩れ込むんじゃねーかと危惧するわけですよ。


ま、このブログではアニメについても原作についても、その辺ツッコミつつ展開していくので、「とりあえずアニメを見ただけー」って方も、原作を読む動機の1つになって頂ければ嬉しいですね。


そんなわけで、以下いつものツッコミ&感想レビューですー。


例によってネタバレ満載なので未見の方は(略

あと、今回は見どころがたっぷり&シャフトのカットが多かったため、その辺の解説がやたら多く、だいぶ長い記事になっております。

できれば時間のあるときに読んでくださいネ。

続きを読む
posted by クリフジ | Comment(2) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年08月20日

傾物語 第壱話

ヒャッフー! アニメ<物語>シリーズ セカンドシーズン・第二弾!
傾物語が放映されましたよ見ましたか見ましたよね!?

ということで、このブログも2週間ぶりにツッコミ兼ネタバレ感想レビュー再開でございまーーす。



初っ端からネタバレ・・・っつーか前々から言ってる気がしますが、この「傾物語」は一応メインヒロインが八九寺である(はず)にも関わらず、全編最初から最後まで忍ちゃんのオンステージなので、どっちがメインヒロインなのかワカラン状態。

肝心の八九寺は、物語の終盤に『成長した「八九寺さん」』とラスト(オチ)の部分で普通に八九寺Pが出てくるだけ、という有様です。

そのぶん忍ちゃんがメインのはずの「鬼物語」ではメインが八九寺なのでバランスが取れてる・・・のかな?


ま、その件については「鬼物語」放送時にも言及しますので、以下いつものツッコミ&感想レビューですー。


例によってアニメはおろか原作も含めてネタバレ要素満点なので、未見の方は見てからの方が以下略。



さて、では続きをどうぞ。
続きを読む
posted by クリフジ | Comment(2) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年08月05日

猫物語・白 第伍話

猫物語・白 最終回ーーー!!


はいどうもー、ついに<物語>シリーズセカンドシーズンの第一弾、「猫物語・白」が感動のラストを迎えました!!


原作を知ってる身からすると、やっぱりシャフトはペース配分がおかしいと言わざるを得ない。

前半のサービスシーンで尺使いすぎて、後半のシリアスシーンのカット具合がぱない。

もっと言うと――詳しくは記事の続きに書きますが――、事件解決後のお茶目パートもバッサリとカットされておりますので、アララギくんが完全にカッコイイだけの野郎になってしまってました。

私はそんなアララギくんなんて認めない!!


ま、そんなカットされたところもモチロン補完しつつ、以下いつものネタバレ上等ツッコミ入り感想レビューでーす。


いつも通りネタバレ豊富&クソ長いので、未見の人は見てから、時間のあるときに読んでね!!


ちなみにどうでもいい事ですが、コレを投稿する直前、リロードしたら記事後半のまるごと半分がぶっとんでしまい、泣く泣く書きなおすハメになってしまいました。

ブログ管理会社に殺意が沸いたけど、この殺意は怪異に押し付けることにします。



続きを読む
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年07月29日

猫物語・白 第肆話

猫物語・白 第肆話

アニメ組の皆さんに、いきなりエピソード君を出してもイミフじゃないか!?


はいどうもー。 今回で猫物語・白も4話となりまして、一気にクライマックスへ突入する勢いです。

ていうかいつものことですが、1〜3話まで尺取り過ぎて後半駆け足になるのどうにかしろシャフト!


なに? いつものことだから慣れろ?

それはその通りですね! 超ウケる!


さてそういう4話のネタバレ上等の感想レビュー、というかツッコミ、今週も始まるよー!

例によって未読・未見の人は見てから読んだ方がいいと思うよ!

あとコレも例によってだけど、今回もクソ長いから時間に余裕があるときに読んでね!


超ウケる!


続きを読む
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年07月23日

猫物語・白 第参話

はいどうもー、猫物語・白の第3話が放送されました! 見ましたか見ましたよね!?

前回はガハラさん&羽川委員長の入浴シーンでヒャッハーだったんですが、今回はファイヤーシスターズ&羽川委員長の入浴シーンでヒャッハーですよ!

しかしシャフトさん、前回も言いましたけど、話が進むたびにサービスシーンの割合が多くなってる気がするんですが、どうなんですかね。

アグネス的な意味で大丈夫なんですかね。

まぁもちろん原作でもこのサービスシーンはあるわけですが、やはりビジュアル化してしまうとイロイロと心配せざるを得ないところです。


ま、視聴者的にはそういう心配よりも、サービスシーンが多いほど食いつきがいいというのは間違いないので、

「いい加減にしろシャフト! でもいいぞもっとやれ!」

という矛盾を抱えた感想しか述べられないわけです。 私は間違ってない!



さて、そんなことで第3話のネタバレ上等レビューですーー!

例によって例のごとく、アニメも原作も未見の方は、見てから続きを読んだ方が良いと思われます。

ところで今更ですがこのレビュー、基本的にクソ長いので、できれば時間のある時に読んでね☆


続きを読む
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年07月17日

猫物語・白 第弐話

エンマーイ!(ポリネシアの言葉で「わが友よ死ね」の意。 嘘です。)

Civばっかやってんじゃねーよ自分!とか思ってたら仕事が糞忙しかったクリフジですお疲れ様でした。


それはどうでもいいとして、第2話も放送されましたよ見ましたか!
予告どおり羽川委員長とガハラさんがお風呂場でキャッキャウフフしてましたよ!
謎の湯気とかで微妙に邪魔されてましたけど、もちろん円盤を買えば消えてるはずですよね!?

物語シリーズのファーストシーズンからずーっと思ってましたが、なんか回を重ねるごとにエロ成分が増えていく気がして仕方ない雰囲気ですね!

いいぞシャフト、もっとやれ!!


ちなみに円盤は、猫物語白(上)が10月下旬、猫物語白(下)が11月下旬発売らしいです。
よろしければ右サイドメニューからご購入ください。
私のブログのやる気と、シャフトのやる気が増えます。


さてさて、そういったところで第2話のネタバレ上等レビューです。
もちろん原作のネタバレも多分に含まれているため、例によって未見の方は見てからの方が良いと思われます!


続きを読む
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年07月08日

猫物語・白 第壱話

ヒャッハァアアアアアアアアアアアアアアア!

見ましたか!? 見ましたよね!? 見てるはずですよ!!

何がってそりゃもちろんアレですよ!

<物語>シリーズセカンドシーズン 猫物語・白!!


7月に入ってブログ更新してなかったんですが、それもこのため、今日から毎週に渡って<物語>シリーズセカンドシーズンのレビューっつーかツッコミ記事が溢れます!(予告)

もちろんいつも通りのネタバレ全開フルスロットルなので、万が一未見っつー人は、今すぐアニメ見てきてから続きを御覧ください。

ちなみに原作のネタバレも満載でお送りしますので、できれば原作も読んどいだ方がいいと思います。

いや、読んだほうがいいっつーか、読め。 読め。



・・・読んだ?



では心置きなく続きをどうぞーーー!

続きを読む
posted by クリフジ | Comment(5) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年06月28日

<物語>シリーズセカンドシーズン!

PV第二弾が来てましたよおおおおおおおおおおおおお!!

http://www.monogatari-series.com/2ndseason/index.html


もう何も言うまい!

アニメを見ろ!

原作を買え!


言いたいことはそれだけだ!!
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年05月31日

<物語>セカンドシーズン開幕!!

http://www.monogatari-series.com/2ndseason/


はい、7月6日から順次放送開始っつーことで、今からワクワクしてるわけですが。
そんな事はともかく、講談社だかシャフトだか知らんが担当者に言いたいことがある。


key.jpg


しのぶきゃわええええええええええええ!
八九寺Pぱんつみえそうですよおぉぉ!
羽川委員長なんだそのケツみてぇな口はかわいいじゃねえかぁぁぁぁ!
ガハラさんと撫子は平常運転だなぁぁぁ!

・・・

・・・

・・・



なんで俺の嫁であるところの神原駿河がこんな扱いなんだよド畜生オォォォ!!!
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年05月23日

暦物語

買いましたか私は買いました。 買って読みました。

例によって「続きを読む」をクリックするとネタバレ要素満載なので、まだ未読の方は先に読んどいた方がいいと思います。


・・・うん、つーかこのブログに来訪頂いてる皆様はまさか読んでないっつーことは万が一にもないと思いますので、いつものごとく心置きなくネタバレ満載であらすじ&感想を書いていきます。


万が一の方に含まれる人は、このブログを読む前にすぐに買って読め!!


暦物語 (講談社BOX)
 暦物語



・・・読んだ?

では続きをどうぞー。

先に言っとくけどクソ長いから、時間に余裕のあるときに読んでね!!


続きを読む
posted by クリフジ | Comment(2) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年03月06日

猫物語(黒)BD届いたよー

昨年末も末、大晦日に放映された猫物語(黒)の第一巻が届きました!


本編は大晦日にだいたい見たんで、最初から副音声のコメンタリーつきで見たんですけども。

うん、まぁ想像はしてたけどね。


神原駿河&八九寺真宵のコンビでヒドくならないはずがない。


想像してたとはいえ、その上をいくヒドさでヒドかった!(ホメ言葉)

ネタバレとなるのであまり詳細は書けませんし書きませんけども、とりあえずザッと抜粋。



ドラえもんトーク引っ張りすぎだ神原駿河!

火憐ちゃん月火ちゃん好きすぎだ神原駿河!

八九寺のツッコミが追いついてないし、そのツッコミを無視するな神原駿河!

「物語バンド」は是非ともスピンオフでやって欲しいぞ神原駿河!
(だいぶマジで)


ダメだ神原駿河のセリフしか耳に残ってねぇ。
八九寺は始終ツッコミだったからなー。



・・・でまぁ、その副音声で出てきてた「神原家の片付け係」ですけど。

是非私にやらせて欲しいんですけども。


いやアレですよ!
お金なんか要りませんよ!
むしろ無償でやりますよやらせてくださいよ!
もちろん神原に「お手」とか「お座り」とか命令しますよ!


ダメですかそうですか。




・・・というような、本編とほぼ関係のない、まったく内容のない内容が満載の副音声でした。

いやー、楽しかった。


2巻は余接&余弦コンビなので、こっちも楽しみだなぁー!



猫物語(黒) 第一巻/つばさファミリー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
猫物語(黒) 第一巻/つばさファミリー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2013年01月27日

猫(黒)1巻の詳細キタコレ!

はいどうも10日ぶりです申し訳ございませんクリフジです!(切腹)


さてまぁ表題の話です。

物語シリーズセカンドシーズンの全アニメ化が決定(今年7月から放送予定)したので、否が応でも期待は高まる一方なんですけれども、その前座と言うと豪華すぎる詳細が決定した次第です。

まぁ、詳しくは公式サイトを確認して頂ければ結構なんですが。

詳細と言っても、普通に価格や収録話数、完全限定生産版の特典なんかが書かれてるわけですけどもね。

そんな中、特に注目すべき箇所がありますよね。

皆さんはもうお分かりですよね。

続きを読む
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年12月26日

西尾通信Vol.2 当選!

メリークリスマース!!(テンション高めで)

いやクリスマスはもう過ぎ去ってますが、過ぎてから嬉しいプレゼントが届きました。


diary341.JPG

西尾維新祭2012に応募したC賞の西尾通信Vol.2ですよ!!


まぁA賞の猫物語プレミアム上映会は思い切りハズしましたが、こっちは流石に1万名様に当たるだけあって、2通応募して2通届きました。

・・・てか前回の西尾通信Vol.1も2通送って2通届いてるわけで、やっぱり応募総数1万に届いてねぇんじゃねーか?


それはさておき中身ですが、『悲痛伝』(悲鳴伝の続編)が2月に刊行、『終物語』は4月に刊行、さらにVOFANさんの画集も発売予定という新刊告知。
そして『猫物語』の設定画や、今年の七夕に秋葉原で公開された『西尾維新祭特製七夕』にかかってたキャラクター短冊、さらに「うまい棒」とコラボした時のイラストなどなど盛りだくさん。

いやー、こういう企画は楽しいので是非とも続けて欲しいですね!


・・・。



・・・おい。


傷物語の情報が全くねぇってどういうことだゴルァ!!
posted by クリフジ | Comment(5) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年12月14日

猫物語プレミアム上映会!

diary339.jpg



玉砕・・・・ッ!!



まぁこれはこれで記念のポストカードになるから嬉しいやね。

てか落選とはいえ特製ポストカードで通知を送ってくれる西尾維新祭の中の人はマジ神。
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年12月03日

猫物語(黒)アニメ化!

http://www.nekomonogatarikuro-anime.com/


うおおおおっしゃああああああああああああああああきたああああああああああ!!!

原作を読んだことのない方のために説明致しますと、「猫物語(黒)」は「化物語」より(時系列的に)さらに前、ゴールデンウィークの話となりまする。

「傷物語」で起こった地獄の春休みに続いて、羽川委員長が猫に魅せられ暴走する悪夢のゴールデンウィーク。
もちろん「化物語」以前の話だけあって、忍野メメも普通にと言うかむしろ盛大に登場しますし、忍ちゃん(この名前まだついてないけど)はラスト以外は基本的に無口なままです。 真綾さん涙目。


アニメとしての見所は、忍野メメとブラック羽川の知恵比べ、および羽川委員長に対するアララギくんの変態行為全般。(委員長の机を舐めたりしかけますけど平常運転です)

そしてやはり原作で4ページにも渡って羅列された「死んじゃえ」のオンパレード。
堀江由衣の声で延々とアレを聞かされると、一部の ド変態 方以外は本当に死んじゃうんじゃないですかね?w
(「猫物語 死んじゃえ」とかで画像検索したらたぶん出てきます)


あぁ、あとアララギさんの上半身と下半身がちぎれて分離しますが、あいつにとっては日常茶飯事なので別に特筆するってことではないですね。


さてでは、続報を楽しみに待っときましょーぅ!







・・・あれ? ところで「傷」の公開はいつなのシャフトさん?
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年09月29日

憑物語

売ってました。 買いました。 買って読みました。

「続きを読む」をクリックするとネタバレ要素満載なので、まだ未読の方は先に読んどいた方がいいと思います。

ていうかAmazonでいいので買え。 そして読め。

憑物語
憑物語

・・・読んだ?

では続きをどうぞー。

続きを読む
posted by クリフジ | Comment(4) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年09月27日

「化物語 production note」入手!

今年の夏コミ(C82)と、京まふ(京都マンガ・アニメフェア2012)のみで限定販売(合計6000部)されていた「化物語 production note」を入手しました。

diary334.JPG

夏コミVerはプレミアついちゃっててアレだったので、同内容なら別に京まふVerでもいいし、赤BOXより白BOXのがカッコイイ(私の主観です)と思うので、むしろ京まふVerを狙い撃ち。

・・・ん?
夏コミVerは手に入れないのかって?

いや、さすが維新厨の私でも、同じ内容でカバーだけ違うにも関わらず4000円もする本を2冊買うという選択肢はありません。
もちろん宝くじが当たってたり、寝て暮らしても金が入ってくる状況だったりした場合は、それこそ2冊でも3冊でも買ってるかもしれませんが、現状はコレクターズアイテムと化すほどの余裕はありません。


さて、そんなわけで白Verをヤフオクで6000円少々(本体、送料、決済手数料ぜんぶ込み)で落札しました。
ちょっと割高な気がしないでもないですが、そもそも会場での販売価格が4000円なうえ、ウチから会場までの交通費が片道1000円以上なので、手間を考えればむしろお得だった気がします。
たぶん京まふ会場に行ってたとしても、コレ買って帰るだけだったろーし。

しかもヤフオク初心者(ぶっちゃけ今回が人生初のヤフオク利用)だったにも関わらず、出品者さんが良い人で、特にトラブルもなく取引できました。
商品には本来付いてなかった紙袋も付けて頂きました。
マジでありがとうございました。
明日から足向けて寝れません。

続きを読む
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年08月22日

偽物語・つきひフェニックス(下)

「偽物語」第五巻/つきひフェニックス(下)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
「偽物語」第五巻 つきひフェニックス(下)



はい、買いました。 届きました 見ました。

副音声が神原駿河+阿良々木火憐とかどんだけ俺得なんだかわかりませんが、一通り副音声を視聴した後でコレ書いてます。

んで感想なんですが。











なんじゃこりゃwwwwwwww


恐ろしい。
あんだけガハラさんをツッコミに回した神原駿河がまさかのツッコミ役に回ってしまうほどの火憐ちゃんのバカさ加減が恐ろしいw




いやー、もうね、化物語ポータブルでは当然ながら火憐ちゃんの出番が少ないんですけども、もうコレ神原駿河とのカラミだけでいいから濃密に出して欲しいわw

まぁそれはそれで無茶な要求なのでアレなんですけども、私的ランキングのダントツ1位と2位が副音声ということで、個人的には悶え苦しんで喜ぶぐらいの勢い。

いやー、ホントもう全世界の皆さんに聞いて欲しいねぇ。

さて、「物語シリーズ」の全アニメ化決定ってことで、(副音声でも言ってたけど)次は「猫物語」なので、そっちも楽しみにしておきましょーーーう。


あ、もちろん化物語ポータブルもな!!

化物語 ポータブル
化物語 ポータブル




・・・しかし「偽」シリーズの副音声聞いてて思ったんだが、
神原駿河のキャラ、副音声ではちょっと冷たい感じになってねぇか?
(今回はもとより、前回のガハラさんとのカラミも含めて)

決してみゆきちのせいではないとは思うんだけど、軽くモニョっとする・・・。
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年05月23日

偽物語DVDorBD

はいどうも、1週間ぶりクリフジです。

先日、「偽物語・かれんビー(中)」のBDが無事届きまして、即座に視聴したわけですが。

いやね、基本的にメディアで発売されたものはレビューしないことにはしているんですが、今回あまりにもアレだったので、我慢できずに紹介せざるを得ないんじゃねーかと思ったんですよ。

都条例的に大丈夫なのかと心配になるほどです。

続きを読む
posted by クリフジ | Comment(2) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

2012年04月09日

「西尾通信」当選! しかし…

はいどうも、喉がガラガラのクリフジです。

昨年末に講談社さんとANIPLEXさんで「西尾維新祭り」というイベントというか懸賞をやってたのをご存知でしょーか。
「知ってた!」って人も、「今知った!」って人も、とりあえずリンク先を参照して頂ければOKなんですが。


で、その中に「抽選で10000名様に特製『西尾通信』が当たる!」というキャンペーンがありまして、応募したわけですよ。
対象商品のうち、文庫版『零崎双識の人間試験』以外の商品を買ったので、(漫画版『零崎双識の人間試験』は特装版のみ購入)合計4枚の応募券が手元にあったんでね。

10000名に当たると言っても、今をときめく人気作家の、さらに化物語BD-BOXが出た直後で、しかも偽物語の放送直前。
こりゃ1口だけ応募しても当たる確率低いだろうなぁー、と思って、4枚の応募券をフルに使って2口応募しました。

で、先週末から続々と当選したという報告ブログが各所で挙げられてまして、ウチにはまだ来てなかったんですね。
『あぁー、やっぱ人気だなぁ。 2口応募してもハズレたかー・・・』なんて思ってたら、まさについさっき。

RIMG0507.JPG

来ました。

2通とも来ました。


届いた直後、「イヤッホォォウ! やったー2通とも当選したマジか私ってば豪運だなぁ!」と思ってたんですが、あれちょっとまて。

例えばこちらのブログの方も、2通送って2通届いてるようです。

その他適当に調べたところ、「応募したのに届いてない・・・外れたか・・・」って例はほっとんどありません。
(「まだ届いてない」という人はいたけど、地方在住なら配達が遅れてるだけな予感)

・・・あれ? これ抽選で10000名のみ当選のはずなのに、もしかして応募総数10000通に届いてない・・・?
posted by クリフジ | Comment(7) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。