Venue.png
 ☆定例競売のお知らせ☆

 見返美女計画では、毎月第2土曜日の22時から定例競売を開催しております。
 場所はプロンテラ中央噴水からすぐ左下の建物内。
 (学者帽先生のいる施設です)

 出品・入札とも自由に参加できますので、ぜひ一度ご来場下さいませ!

 詳しくは見返美女計画WEBサイトをご覧ください!

2008年01月18日

今日からはじめるハンター入門

※この記事は2008年に書かれたものなので情報は古いですが、R化後でもそれなりに使えると思いますw

ミュイーヨ。(挨拶

どうも、なんでもかんでもクリフジです。


さて、私のメインキャラと言えばもちろんスナイパーで、これはRoを始めた頃から使ってるキャラです。
1stってわけでもないんですが、現在の5キャラで一番古くからいるキャラだったりします。

そんなわけでずーっとハンター系をメインとして使ってる私としては、将来実装されるかもしれない3次職であるレンジャーが楽しみでしょうがないわけですが、そうなるとハンターをもう1キャラ作る必要性がでてきます。

そこで今回は私のようにレンジャーを見越してハンターを作る人もいるかと思いますし、また、Roを始めたばかりだけどハンターを作りたい!という人もいるかもしれませんので、私流・ハンター育成法をご紹介。


正直、旧鹿日記でも同じような企画してたけど気にしちゃダメです。

ちょっぴり長くなるかと思いますが、そこはまぁボーッと読んでください。

さて育成を始めるにあたって、まずは型(スタイル)を決めましょう。
ハンターには様々なスタイルがあります。
一番多い量産タイプから、神速の二極タイプ、ロマンを求める鷹師(鷹匠)、高DEF高Fleeも関係ない罠師、大艦巨砲主義のDS師、2PC前提のビーストストレイフィング特化(BS師)、さらには短剣型などがあります。
もちろんどれも極めればそれなりに強いわけで、オーラを噴く事も十分可能ですが、成長度合いは量産に近い方が早いかと思います。

すべてのタイプを語るとアホみたいに長くなってしまうので、ここでは私のスナイパーと同じ「Int振り二極くずれ」というスタイルで解説していきます。

このスタイルは読んで字のごとく、AGIとDEXを中心に上げて通常攻撃の秒間ダメージと回避力を上げ、量産タイプのLUK分のポイントをINTに回してSPの確保をしてスキル使用頻度を上げるというスタイルです。
低DEFには非常に強く、対高DEFについても比較的INTとDEXが高いので、罠や手動ブリッツビートなどである程度対処できるタイプといえるでしょう。
ただし、アイスタイタンのようなMOBが単体で襲ってきたりするとSP効率が悪いので月光剣やゲイン弓がないと涙目になります。

その他のスタイルについては弓手wikiなどを参考にしてください。
ていうか弓手wikiにも同じような育成コンテンツがあるけど、どこで何狩るのがオススメか、とか書いてないからね・・・

さて、スタイルが決まりました。 さっそくキャラを作りましょう。
弓手の初期値の基本はAGI9、DEX9、INT9です。
完全二極の人はSTR2にしたり、殲滅DS型はAGIの代わりにLUKにしたりしますが、まぁその辺はスタイルと相談です。
キャラメイキングが終わったら初心者修練場からスタートするわけですが、ここでしっかりBaseとJobLvを上げておきましょう。
会話をするだけでレベルアップするのでお得な上、初心者には嬉しいアイテムがたくさん貰えます。
修練場をフル活用すれば、会話だけでBaseLv9、JobLv7まで上げることができます。
BaseLvが上がるとステータスを上昇させることができますので、とりあえず全部DEXに突っ込みましょう。

この後は初心者修練場の戦闘実習でもさらにレベルを上げる事もできますし、戦闘実習をすっとばして街に降り立ってもいいです。
どちらにせよ、アーチャーギルドがフェイヨン↑にあるので、最初はアーチャーを志望してフェイヨンに降り立つのがベターでしょう。

フェイヨンに降り立ったら手持ちの武器で周辺MAPの敵を適当に潰していると比較的すぐにJOB10になります。
ここではアーチャー転職に必要な木屑を集めるため、ウィローを中心に倒すとよいでしょう。
木屑は集まっている、という2ndキャラ以降の人の場合は、多少タフだけどポポリン以上のJOBEXPを誇るスポアを狩るとすぐにJOB10にまで上がると思います。

diary200_wilow.png
ウィロー
HP 95 植物/地1[中] EXP 5/4 ATK 9-12
DEF 5+8 要HIT 28 要FLEE 88

diary200_spore.png
スポア
HP 510 植物/水1[中] EXP 66/108 ATK 24-48
DEF 0+12 要HIT 48 要FLEE 110


さて、苦労の末アーチャー転職となりました。
転職試験に合格すると、s4ボウと矢をもらえますが、s4ボウはモルボル弓やQMBくらいしか使えないので、低Lvのうちは使いづらい事はなはだしい。
なので、倉庫に突っ込んどくか、NPCに売ってもよいでしょう。
というのも、いくらステータスポイントを全部DEXに突っ込んでるとはいえ、Lv15前後のDEXだと短剣で殴ってる方が強いのです。
引き続きスポアなどを殴ってBaseLvを上げてください。

ここで、Roを始めたばかりの1stキャラの場合は修練場でもらった初心者用シリーズ装備は装備できなくなり、お役御免となります。
装備できる武器がなくなったわけですので、もらったs4ボウと矢で倒すもよし、フェイヨンの武器屋でマインゴーシュ(2400z)を購入して殴り続けるのもいいでしょう。
また、1次職クエストを行うと炎の矢などの物品やEXPをもらう事ができるので、1stキャラの方はオススメですが、ここでは省略します。
詳しくは弓手wiki・関連クエストのページを参照ください。

お金に余裕のある2nd以降の方は、超強いマインなどでフェイヨン↓↓のウルフを狩ると成長がアホみたいに早いのでお勧めです。

さて、1stの方はどのくらい敵を殴り続ければいいのかというと、BaseLv18以上かつ、所持金20k(20000z)以上になるまでウィローやポリンなどを殴り続けてください。
このレベルと所持金になったら、フェイヨンの武器屋でs2クロスボウ(17k)を購入します。

その後、安全に狩りたい方はプロンテラ→↑MAPのマンドラゴラを狩ります。
マンドラゴラは非移動MOBなので射程外から弓で撃つとノーダメージで倒せます。
さらに通常ドロップアイテムの「植物の茎」はアルケミストの製薬材料でして、それなりの値段で売る事もできますので、1stキャラの場合には特にオススメです。

もうちょっとレベルが上がると、今度はプロンテラ→↑↑でフローラを狩れます。
コイツも非移動MOBで「植物の茎」をドロップし、Base/Jobともマンドラゴラの8倍という破格のMOBですが、ヘタに近づくとカジり殺される上、同MAPには低レベルでは太刀打ちできないアルギオペや雄盜蟲などが生息していますので、十分気をつけてください。

diary200_mandragora.png
マンドラゴラ
HP 405 植物/地3[中] EXP 45/32 ATK 26-35
DEF 0+24 要HIT 44 要FLEE 123

diary200_flora.png
フローラ
HP 2,092 植物/地1[大] EXP 357/226 ATK 242-273
DEF 10 + 35 要HIT 72 要FLEE 144


お金や回復材に余裕があって、多少危険を冒してもいいという方は、前述のスポアを殴ってレベルを上げ、その後ウルフを狩りましょう。

diary200_wolf.png
ウルフ
HP 919 動物/地1[中] EXP 329/199 ATK 37-46
DEF 0 + 28 要HIT 65 要FLEE 132

BaseEXPがスポアの5倍という優良MOBですので、すぐにLvは上がって行くはずです。
ただし、リンク属性持ちなので、倒しきれずにダラダラ殴ってると周りのウルフが全部こっちに来てリンチされるので、できるだけ素早く倒すか、単独で吠えてるウルフを狙いましょう。

2nd以降のキャラの人は、Lv18の時点で特化クロスボウを持ってフローラや天下大将軍などを狩っても良いですし、アーバレストや角弓を装備できるLv33までウルフで粘ってもいいと思います。
ていうかウルフのHP/EXP比率が良すぎて転職までウルフでもいけるぐらいですよ!

ちなみにステータスは素DEX60〜70前後くらいまでDEXに突っ込んでOKです。
そこからJOBや装備の補正を加えて、DEXを10の倍数に調整しましょう。
素DEXが60〜70になるのはだいたいLv40前後だと思うので、そこまで頑張りましょう。


さて、ここからしばらくレベル上げという名の作業になりますので、その間にアーチャースキルを解説します。

アーチャーに転職後、すぐにダブルストレイフィング(DS)Lv1を取りましょう。
というのも、アーチャーが使うアクティブスキルはほとんどDSのみです。
集中力向上はステータスが実数ではなく%で増えるので、低Lvのうちに使うのはハッキリ言ってSPの無駄ですし、アローシャワーは罠を動かす事ができるものの、罠はハンターになってからしか使えないので、アーチャーのJob42以降でやっと取り始めるくらいで十分です。
そして、その他のスキルはパッシブスキルでSPを使わないので、DSを後回しにするのはSPが勿体無いわけですね。
ですので、なにはともあれDS1を取ります。
その後は狩るMOBによって取得順序がちょっと変わりますが、だいたいの目安としては

DS1→ふくろう3→ワシ2〜5→ふくろう10→ワシ10→DS10→集中10→AS1〜9

という感じになります。
瞬間火力が欲しい方は、必要に応じて途中でも適宜DSを上げていっても良いと思います。

と、ここまで書いて弓手wikiの育成ページとほとんど同じ内容だと気づいたけど気にしない方向で。

スキルの話が終わったところで装備の話もしておきましょう。

ここではお金に余裕のない1stキャラ向けに解説します。
お金も資産も知り合いもいない1stキャラは、マンドラゴラ→フローラコースで「植物の茎」と「食人植物の花」を貯め、アルケミストに売りつける方法を取ると、わりと早くお金が貯まります。
MOBに攻撃される前に倒す、というのが身上の弓手にとって、防具よりも武器を強化するのが優先となるわけですが、特化武器は基本的にアホみたいに高いので、段階を追って揃えていきましょう。

アーチャー時代はBase18から装備できるクロスボウ、Base33から装備できる角弓かアーバレストのどれか1本あればハンター転職まで持っていけます。
もちろんATKが高いほど売値も高いので、財布と相談して買うのがよいでしょう。
ここでは露店で売ってるようなs付きではなく、武器屋で売ってる弓でも十分OKです。

また、ハンターに転職するとハンターボウが装備できます。
店売り装備としては反則に近いくらいの性能を誇る武器です。
お金に余裕の無い人でも頑張って100kくらい貯めて店売りハンターボウ(64k)を購入し、+5の安全圏まで精錬するとBase80くらいまではそれ1本でいけるので、それを踏み台にして各種武器防具を揃えていきましょう。

防具は非移動MOBを相手にする限りほぼノーダメージなので、DEFは関係ないから何でもいいのですが、ウルフなどを相手にするとかアクティブMOBが同MAPに生息してるとかの場合はDEFが高いに越したことありません。

そこで序盤オススメ装備として、店売り装備中心に以下のようにコーディネートしてみましたので、コレを目標にするといいかもしれません。
もちろん自分のセンスで他の防具に入れ替えるのもアリですし、もっと安い防具で妥協してもOKです。

頭1:ハット(同1k・DEF2)またはキャップ(店売り12k・DEF4)
頭2:スマイルマスク(クエストで作成・DEF1)
鎧:アドベンチャースーツ(店売り1k・DEF3)
肩:フード(店売り1k・DEF1)またはマフラー(同5k・DEF2)
靴:サンダル(店売り400z・DEF1)またはシューズ(同3.5k・DEF2)
アクセ:なくてもOKだが、余裕あるならマーターの首輪(AGI+1・DEF1)

アクセ以外全部揃えても25kでオツリがくる上に、DEFが12あるので、被ダメを10%ほど減らせるのでなかなかいい感じですね。

アーチャー終盤や、ハンター転職後などで多少お金が揃う状態になると、いわゆるs装備も視野に入ります。
コーディネートとしてはこんな感じです。

頭:名射手のりんご(100k)
鎧:スキルフル(ロッカーc刺し)メントル(50〜100k)
肩:フードオブボウマスター(ドラゴンテイルc刺し・200k)
靴:ライト(チョンチョンc刺し)サンダル(40k)
アクセ:sなしグローブ(50k)*2

※価格は1/18現在、Bijou鯖の相場付近です。

ドラゴンテイルcはAGI+1、Flee+10に加えてDSとASの与ダメが5%増加するという優良カードです。
上記コーディネートの中では一番高いのですが、頑張って買う価値はあります。
もちろん貧乏な人は店売り防具を使っててもよいです。
お金なんてそのうち貯まります。


さて、スキルと装備の話をしているうちに、そこそこレベルも上がったかと思います。

ずっとウルフやフローラを倒しているわけにもいかないので、将来を見据えて違う狩場に移動しましょう。

正直この後はずっとウルフに篭るなり、ジオグラファーを倒すなり、臨時公平に行くなり自由なわけですが、ソロならジオグラファーを倒せると効率がグンと上がります。
ただし、うっかり近づいたりうっかり足元沸きとかすると、一瞬で死ぬので注意が必要です。

diary200_geographer.png
ジオグラファー
HP 8,071 植物/地3[中] EXP 2,715/2,000 ATK 467-621
DEF 28+47 要HIT 143 要FLEE 199

必要HITが143と高めですので、素DEX60程度だと多少ミスしてしまうかもしれません。
その場合は諦めるなり、素DEXを70程度まで上げるなり、装備でDEX補正を上げるなり、集中向上を使うなり、料理を使うなり、支援を頼むなりしてください。
狩場としてはその通称もズバリ「ジオ園」(アインブロック↑)で狩るのがベストでしょう。


ジオグラファーをサクサク倒すとサクサクLvアップします。
ここでさらにDEXに振っても悪くはないのですが、前述のように将来を考えるなら、ジオグラファー必中を満たした上で、補正込みで10の倍数にしたところをメドに振るのをやめて、INTやAGIに振り始めましょう。

たとえば、装備のDEX補正や支援が無い場合、Base47/Job36、集中力向上不使用でDEX71+15・HIT143となり、ジオグラファーの必中に届きます。
ここでBaseを50まで上げ、DEXを4上げると75+15で90となるのでDEXがちょうど10の倍数となるのです。
つまり、DEX補正が期待できない場合はBase50くらいまではDEXに振るとよいでしょう。

そこからAGIを先に上げるかINTを先に上げるか悩みどころです。
私としてはINTを先に、しかも最終目標値まで上げるのが良いと思います。
まぁこれも狩場次第なのですが、ジオグラファー狩りが中心となるので、基本的にFleeはまだ不要なことと、DSを多用するのでSP的な問題を解消するためにINTはまず最終目標値まで上げるのがオススメです。
最終INTは最終DEX・最終AGIをある程度念頭に入れた上で設定しないと、後々Fleeが足りなかったりDEXが中途半端になったり、というひどい目に遭うので、慎重に設定してください。

さて、ここまでくると長かったアーチャー時代も終盤戦です。
集中向上10を取得した段階でのJOB41転職でもいいですが、AS1を取って42転職するのが一般的であり、オススメです。
もちろんJOB50を目指してもいいでしょうが、その前に飽きる気がします。
ここら辺は根性と妥協の問題なので、50転職を目指す人は頑張ってください。
ハンター転職試験については割愛しますが、失敗しても何度かやれば慣れます。
ちなみにハンターギルドはフィゲルに移設されていますので、Roに慣れてる人でも注意してください。

長い道のりの末、ようやくハンターになることができました。

とりあえずフィゲル周辺MAP(といってもフィゲル↓以外はMOBが強力すぎて死ぬ)でJobLvを3まで上げて、ファルコンマスタリーを取り、ハンターギルドに戻ってファルコン(鷹)を借りましょう。
メタリンを2匹ほど潰すとJobが3くらいまで上がるはずです。

その後、ジオ園に戻ってLvを上げつつ、スキルとAGIを上げていきましょう。
もちろん臨時公平PTに参加するのも手です。


最終的にスキルは

http://uniuni.dfz.jp/skill3/hnt.html?10fXJfrBabdBdBqxfY

といった感じで揃えるといいでしょう。
スキルポイントがあと10残ってるので、ビーストベインを10にするなり、フリージング5&クレイモア5を取るなり、無駄にASを10にするなり御自由に。

ジオ以降の狩場は弓手wiki・狩場情報に乗ってるので参考にしてください。

という感じで、以上私的弓手育成講座でした。


/***** 以下は自分用メモ感が多分に含まれる記述 *******/

ちなみに、弓手に大人気の調印MAPでDS1発確殺を狙うのであれば、
DEX110
ビーストベインLv10
+8以上のDウインディーDクレーマロウスコンポジットボウ
ギャングスカーフ
ポルセリオc刺し鎧
ドラゴンテイルc刺し肩装備
弓用の指貫×2
が最低条件です。

DEX120にすると鎧が自由&ギャングスカーフが外せたりします。

DEX130にすると弓用の指貫が外せたり、ビーストベインがLv1でも大丈夫になったり、ポルセリオ鎧とギャングスカーフを利用した上で+7中型角弓でもOKになったりします。

DEX140になると、ドラゴンテイル肩と弓用の指貫を1つ装備するだけで、ビーストベイン1でも+7中型角弓でDS1確です。
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | 弓手考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9702829
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。