2010年10月07日

狩場報告R マヌクフィールド02

ミュイーヨ。(挨拶

どうも、通信速度は100bps程度のクリフジです。


さて5日にエルディカスティスアップデートもやって来まして、異世界MOBの馬鹿ATKがだいぶ緩和されたらしく、デンジャラスという言葉がピッタリだったマヌクフィールドも、ソロでも気軽に狩りができる場所へと変貌しました。

中でもマヌクフィールド02(駐屯地→→)のブラディウムゴーレム(以下ブラゴレ)のBaseEXPが21000から51000へと倍以上にハネ上がり(Jobは28380から18380へ微減)、さらに生息数も大幅増となり、しかも足が遅くて地属性、なおかつMDEFも低い・・・ということからWiz系の格好の餌食となっております。

で、そうなるとハンター系のクレイモアトラップでも充分美味いという話を聞いたので、私は罠特化レンジャーってわけではありませんが、とりあえず行ってみることにしました。


まぁそんなわけで、以下マヌクフィールド02の狩場報告でーす。


  


装備は特に要りませんので、例によって汎用装備で行きました。
ぶっちゃけゲフェニアやピラと同じです。

diary313.jpg

矢が火矢に変わってるだけで、他は特に変更ありません。
集中向上とWWは常時使用ですが、それでもSPは有り余るぐらいですので、このステ装備なら常時TrSでもいけるかと思います。

この装備と罠500個+罠箱5個、火矢1500本、あとHSPと緊急用の回復剤数個で充分です。
たまーにタタチョやブラゴレがスタン攻撃してくるので、多少VITに振ってもいいんじゃねーかと思いますが、まぁ死んだら死んだで事故死と割り切るのもアリでしょう。

狩り方は基本的にテレポ索敵、画面内のブラゴレを適当にまとめてクレイモアトラップにかけます。
この適当なステと装備でも、だいたい9800〜11000ぐらいのダメージが出まして、クレイモア5発でほぼ確殺です。
罠特化ステならもっと出るでしょう。

MAPには少数ながらタタチョとヒルスリオンが出ます。
こいつらはブラゴレよりも足が速いので、適当にアンクルにかけてDSなどでさっさと殺しましょう。
モタモタしてるとスタンや致命的な傷などを使ってきますので、けっこうボコボコにされます。
こいつらも地属性のうえ、比較的やわらかいので、HPに余裕のない時はアンクル→QMCで体力回復するのもアリだと思います。


さて、そんな感じでかなり適当に狩ったわけですが、気になるEXP効率はこちら
diary314.jpg

Baseが約8M増えてました。
JobEXPはだいたい5%弱増えてたので、30分でだいたい2.5M前後ってとこでしょうか。

これをかなり単純に2倍して時給換算すると
BaseEXP:16M前後/h
JobEXP:5M前後/h

って感じですね。
おいおいアヌビスの倍以上美味いじゃないか!

一方、金銭効率は微妙です。
収集品を全て拾ったとしても罠代がペイできる程度なぐらいなので、ブラディウムシールドなどが出ない限り微妙です。
しかしドロップを全部拾っていくと当然EXP効率はやや下がるので、もうここはピラ4と同じくEXP狩場だと割り切って、ドロップはALL無視でもいいかもしれません。
ただ、精製されたブラディウムはマヌクコインがもらえるクエストの収集対象アイテムなので、クエストがてらに狩るには丁度いいと思います。


【ミシュラン・クリフジの狩場評価】
経験:★★★★☆
金銭:★★☆☆☆
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | 弓手狩場ガイドR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41167043
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。