2016年08月19日

劇場映画「傷物語」〜熱血篇〜

はいはーい!
リオ五輪で寝不足のうえに更新が一ヶ月半ぶりってどういうことですか生きてますよクリフジです!!
すいませんリアルが忙しくてブログは完全にサボってました! twitterはチマチマやってましたが。

まぁそれはそれとして、表題の件ですよ。

劇場映画「傷物語」〜熱血篇〜

ということで見に行ってきましたよ来ましたよ!

今回は初日だったんで、来場者特典の「混物語」もちゃんと貰えました! やったね!
(くろね子さん長尺セリフすぎてワロタ)


はい、ということで以下いつものレビューっていうかツッコミです。
例によって例のごとくネタバレ上等なので、原作や劇場版を未見の方はご注意をーー。

 



まー、アレですね。 鉄血篇の記事でも言いましたけれども、もう一度改めて。

「原作読んでから見に行け」

おっと、またはコレでもいい。

「見た後でもいいから原作読め」


今回は第2弾ってことで、ヴァンパイアハンタートリオとのバトルが描かれてたんですが、「もうちょっとやりようあったんじゃないの?」と思っちゃいましたね。(批判してるわけじゃないです、念のため)


もうこの際、描写についてのツッコミは追いつかないレベルですよ。

ドラマツルギー戦で切られた腕が再生するシーン(一回目)、原作では「蜥蜴の尻尾みたいな、そんな感じじゃない」と書かれてたのに「そんな感じ」にしやがったのはどういうことなんですかね。

そうかと思えば両腕切断された2回めの再生シーンではズルッと再生してましたし。

というかエピソード戦でもそうですが、アララギさんが逃げ回る場面がやたら長くて、ヘタレ感3倍増しみたいな感じになってました。

そんなに尺取るなら、(後述しますが)植物出すシーンの前フリを入れられたんじゃねぇかなぁと思って仕方ねぇ。

まぁ今回はバトルメインだからそこをクローズアップするのはわかるんですが、エピソード戦でも逃げ回るシーンでけっこうな時間割いてましたし、配分のバランスがちょっとズレてるんじゃないかなーと思った次第です。

エピソード戦のクライマックス、原作では砂場に走り幅跳びをかますシーンが、何故か平和記念公園を飛び越えて、(たぶん)マツダズームズームスタジアムに着地したのは誇張と捉えていいんですかね。

原作未読組がコレ見たあと原作読むと唖然とするんじゃないですかね。


で、問題のギロチンカッター戦。


ほらみろやっぱり前フリ無かったから腕から植物出すシーンがイミフになってんじゃねーか!!!


原作未読組の方もいらっしゃるかもしれませんので、前回も書きましたけど今回も書きます!

もともと羽川委員長に対してアララギさんは「植物になりたい」とかいう中二病的カミングアウトをしてまして、さらにエピソード戦の直前に羽川委員長から(合気道とか野球とか現実感があるテキストではなく)学園異能バトルモノの漫画を差し入れられてて、だからこそ羽川委員長の大ピンチにも「非日常的知識」と「植物になりたい」というアタマのおかしいブレンドを施した結果、「自分の腕を植物の根っこに変化させる」とかいうファインプレーをできたわけなんですよ。

はい、劇場版では相変わらずその重要な前フリはなく、「特に説明もなくいきなりアララギさんの腕から木が生えた」みたいな描写になっておりました。

劇場で私の隣に座ってた方が「エ?ナンデ?」とNRS受けた感じでポカーンとしてましたが、さもありなん。

私、前回の記事で


>今後に繋がることだし伏線のはずなんだけれど、アララギさんが「植物になりたい」っつってるシーン、バッサリとカットしてやがりました。
>え? そこカットしていいの? ギロチンカッター戦でイミフにならない?
>そのあたりは(一応)続編でフォローされるはずだと信じてますが、なんかこう、思い切りすぎじゃないですかねぇシャフトさん。


って書いたんですが、やっぱフォローはなかったかああああああああ!!


さて、けっこうボロカス書いてる感じがしたので、フォローというか、まとめというか。(前回のコピペ)

今回の熱血篇は、前回に比べてTVアニメシリーズの演出がだいぶ増えてまして、「あー、<物語>シリーズっぽくなったなー」と思いました。

しかも相変わらず綺麗な絵が <物語>シリーズの空気に馴染んできた感じがします。
これは作画チームの方々も慣れてきたのか、私が慣れたのか知りませんが。

前回(鉄血篇)はノリに対してまだ絵がぎこちなかった感じがしましたが、今回はもう完全に違和感ナシ。
シリアスシーンはもちろんコメディシーンにもすっかり馴染んでます。

あと(植物の前フリ云々はともかく)羽川委員長との会話シーンを映像付きで見ると、アララギさんのフラグ建築士っぷりが恐ろしいですな。

もうお前ら付き合っちゃえよ! って感じですよ。
え? ガハラさん? 誰ですかそれは知らない子ですね。
(というかあんだけフラグ立てまくってんのにガハラさんに横取りされる羽川委員長も問題はある)



あ、そんな羽川委員長の名誉のために、最後に一つだけ。


ギロチンカッター戦のあと、アララギさんが羽川委員長のパンツ見て「ごめんなさい」って謝るシーンで、委員長のパンツがえっらいセクシーなヒモパンだったけれど、原作ではちゃんと「フェルト状の生地の、濃い灰色の下着だった」というおとなしい感じの描写だったからね!(なんの名誉だ)





(2016/8/20追記)

あと上映前の予告編で一番鳥肌立ったのがコレ。

OVA「クビキリサイクル」公式サイト

まぁーアレだね。地上波では流せらんないからOVAで当然だね(ニッコリ)
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176540727
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。