2016年05月06日

祝! <戯言>シリーズアニメ化!

 
http://purelove.ni.siois.in/

アイエエエエエエエエ!! アニメ化? アニメ化ナンデ!?

・・・と、うっかり忍殺語でビックリしてしまいましたが、いやこれが驚かずにはいられようか!

<戯言>シリーズといえば、西尾維新のデビュー作&メフィスト賞受賞作「クビキリサイクル」から続く、一連の新青春エンタシリーズです。 ジャンルとしてはミステリというよりラノベですが。

戯言遣い・欠陥製品・人類最弱・主人公のいーちゃん(本名不明)が巻き込まれる(巻き起こす?)笑いあり涙ありバトルあり殺しあり殺しあり殺しありの物語。

「映像化は不可能」と言われてきた西尾維新作品が、物語シリーズのアニメ化を皮切りに、刀語(アニメ)や忘却探偵シリーズ(ドラマ)、そして(漫画原作という立ち位置とはいえ)めだかボックス(アニメ)も続々と映像化されていましたが、まさか最も映像化されないであろう<戯言>シリーズがアニメ化されるなんて・・・。
(個人的には、りすかシリーズの方が先にアニメ化するかも・・・と思ってましたが、作者が続編書くの忘れてる気がするw)


<戯言>シリーズは<物語>シリーズのノリで見ると死にます。 キャラも死にますが視聴者も死にます

名前のあるサブキャラは大抵死にます。 メインキャラだと思われていても油断すると死にます。

本当に初期の西尾維新は萌えキャラ殺しというかヒロイン殺しというか、そこそこ人気のあるキャラクターをあっさりと(文字通り)殺したりするので、その辺ちゃんと視聴者に受け入れられるかどうかで評価が分かれるところ。(姫ちゃんとか)
逆に、アニメオリジナル展開とかされるとそれはそれで私含む信者が発狂するのでヤメてほしいんですがw


さて、個人的に楽しみなところは円盤の副音声がどうなるかですねぇ。
姫ちゃんと哀川潤のコンビとか、零崎人識と匂宮出夢(理澄でも可)がお送りする副音声は死ぬほど聞いてみたい。
というかシリーズを全部見るまで死ねないし死ぬ訳にはいかない!

また死ねない理由ができてしまった。(嬉しい悲鳴)
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175187802
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。