2014年12月12日

国民健康保険料(税)の滞納はダメ絶対

どもー、不健康優良児のクリフジです。
10日ぶりですごめんなさい。


さて今回は完全に私事なんですが、最近ちょいと胃が痛くて、さすがに病院行っとかないとなー・・・と思ってたら、保険証がなかったんですね。

よくよく考えてみると、5年ほど前に前職を辞めた後、国民健康保険への加入をしていなくて、この数年間は無保険のままで過ごしてたっぽいです。

んで、病院行くには保険証が必要っつーことで、数週間前に保険証を取得しに役所へ行ったわけですが、そりゃまぁ5年間滞納してたわけなんで、過去分と今年分の支払いを迫られました。

総額がなかなか面白い金額(20万↑)になっていて、半年ほどお仕事してなかった完全ニートの私としては、モチロン財布にも通帳にもお金がないわけで、「うわぁどうすっかなぁ」と思った次第なんですが、ネットで検索かけると意外とそういう人っていっぱいいるんですね。


いくつかの質問サイト(Ya○oo知○袋とか)にもそういう相談がいっぱいあったので、とりあえず私がやった事をまとめとけば多少の助けになるんじゃねーかと思って記事にしときましょう。

かくいう自分も、今後またこういう事になるかもしれませんしねw


※なお注意点として、これは私が住む町の役所の対応ですので、皆さんが実際に行う場合は自分の住む自治体にお問い合わせの上、適切な対応をお願いします。




 





さて、今まで保険料を支払って来なかったのに今更「保険証くれ」と言うのはかなり気が引けるとは思いますが、そこは国民の権利であり義務(国民皆保険)なので、堂々と役所なり事務局なりのほけん課へ行って、「保険証がないので発行してください」と言いましょう。

すると向こうでイロイロと調べてくれます。
もしも払っている場合(扶養に入ってた、など)は再発行してくれますし、実際に払ってない場合は金額を調べてくれます。

ちなみにですが、長期に渡って支払ってない場合の納付義務は時効があります。

原則として健康保険「料」は2年、健康保険「税」は3年ないし5年です。
※自治体によって保険「料」か保険「税」かは異なりますので、WEBサイトなどで確認しておきましょう。

ただしこれは一度も督促(請求)が来なかった場合です。
督促が来たらその時点でリセットされますし、その後の未払い分、および延滞金は上乗せされていきます。

ちなみに督促が来てたかどうかも、役所で確認してもらえます。

別に確認しなくていいのにな!


たとえば健康保険「料」(時効2年)を過去10年間支払ってなくて、一度も請求が来なかった場合、過去2年分+今年分を支払えば、「全額支払った」という結果になります。

ただし、よっぽどアホな自治体でない限り、毎年督促状が送付されてくると思いますので、その場合は過去10年分+延滞金+今年分を払わなくてはなりません。


ちなみに今回の私の場合、よっぽどアホな自治体だったようで、督促状が一通も来てませんでした。
個人的には助かったわけですけれども、大丈夫かウチの町・・・。


もとい。


そんなわけで、ウチの町は健康保険「税」なので、過去3年+今年分を支払うことになりました。
督促状が来てないため、3年より過去の分と延滞金はチャラです。 ヤッター。

とはいえ、それでも結構な金額を支払う必要が出てきました。
しかし、体調の関係上、全額支払うまで病院へ行けないのはかなり不安です。

そこで、「今すぐ保険証が欲しいんじゃ〜!」という場合、その場で、今年分の申込月までの金額を払えば発行してもらえます。
※これも自治体によって異なると思いますので確認しましょう。

私の場合は今年1月〜11月の合計が約3万円(前年の所得によって変わる)でしたので、役所の窓口で支払って保険証ゲットしました。

これで病院へ行ける・・・!(ガッツポ


さて気になる残り(滞納分)ですが、もちろんその場(窓口)で全額支払うことも可能です。
が、間違いなく金額が巨大になってると思いますので、「その場で支払うのは難しい」って人が多いでしょう。

そういう人は、とりあえず後日(だいたい1〜2週間後)に振込用紙を送付してもらえます。
給料日を挟むとか、ボーナス日を挟むとか、何かしら収入を期待できる人は数週間ほど先延ばしにしてもらいましょう。

え? 完全に収入が無い人はどうするかって?

その場合、早く親御さんとかの扶養家族に入りましょう。
被扶養者の保険料は、入った時点で扶養者(親御さんとか)から徴収されるはずです。
※過去の未納分については、本人が支払わなければならない可能性もあります。 これも自治体に確認しましょう。


さて、振込用紙が届くまでは一安心ですが、届いてからがまた面倒です。

なぜならば、未納付分の振込用紙には、おそらく納付期限がけっこう短く設定されているはずです。(届いた月or翌月の月末って事が多い)

運が悪いと、「1週間後までに支払え」みたいな期限になっていることもあります。

というか私がまさにそれでした。

お給料も大した金額貰ってませんし、一括で全部払うとなると給料が全部飛ぶどころか足が出ます。
そこで、振込用紙を持ってもう一度役所のほけん課へ行きましょう。

「お金なくて一括支払いとか無理なんです」みたいな事を言えば、振込用紙を作り直して、分割支払いにして貰えます。
さらに1回目の支払い期限も多少(1ヶ月ぐらい)は先延ばしにしてくれることも可能です。
※もちろんコレも自治体に確認してください。


ここで皆様に是非とも参考にして頂きたい、ウチの役所の職員さんに聞いたテクニック。

支払期限が年末に迫っていて、今年分の所得が一定額以下で、来年の所得がそれより増えることが期待される場合、この保険料を節税対策に使えます。


たとえば私は4月に失職して11月に就職しました。

半年ほど無職だった為、今年(1〜12月)の所得はかなり残念なことになっていますので、今年の住民税は確定で0円です。

そして現在は就職していますので、来年は(失業しなければ)恐らく給与所得が増え、住民税が発生するでしょう。

この場合、もしも現時点(12月)で一括支払いできるとしても、来年1月から支払った方が得です。

なぜならば、住民税の計算は、その年の1月〜12月までの所得で計算され、国民健康保険料(税)は、全額、所得控除に含まれるからです。

しかも、その時に支払った過去の滞納分も、全額控除に含まれます。

つまり今年は何もしなくても住民税が0円または格安なので、いま支払った場合は控除分が無駄になります。
来年1月以降に支払うと、過去分を含めて保険料が控除されるため、来年に発生(予定)の住民税が少しでも安くなります。

てことで、どうせ同じ金額を支払うなら、少しでも節税的に使った方が得ですね。
※このテクニックもやっぱり自治体に確認してください。


健康保険証を返納してそのまま放置&保険料を滞納している、私のような人は結構いらっしゃると思いますが、結局は払わなければならないため、早めに手を打った方が良いかと思います。

特に督促が来ているのに無視していた場合、延滞金が付くだけでなく、給料や財産が差し押さえられる可能性もあります。

若いうちは大した病気にもかからないでしょうが、年々リスクは高まっていきますし、若くても避けようのない事故やケガが、いつ降ってくるか分かりません。

転ばぬ先のなんとやら。 健康保険に入っておくことは大事だと思います。


まぁ5年も保険料を滞納してた私が言っても何の説得力もありませんけどね!!
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106320690
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。