2014年11月12日

FacebookとLINEに匿名で登録!

どもー。 ソーシャルネットクリフジです。


前回の記事で、「FacebookとLINEに匿名(個人情報未入力)で登録した」って書きましたら、「Facebook 匿名」とか「LINE 匿名」とかの検索ワードで多くの方々がご来訪してくれたみたいで、「こりゃ記事にするとアクセス数伸びるかな」と思った次第の下心満載記事ですw


とはいえ最初に言っておきますが、LINEはともかくFacebookは基本的に実名での登録が原則ですので、今回の記事を参考にして匿名登録すると、何の予告もなくアカウントが凍結・停止される恐れが多分にあります。

なおかつ、私クリフジは記事内容以上の一切の質問を受け付けません。

ハッキリ言って、今回の記事はFacebookの規約違反になる可能性が非常に高いので、マトモに利用したいのであれば、当該サービスの規約を遵守して登録して頂きますよう、かなりマジでお願いします。

特にこの記事においてFacebookは「匿名でも登録だけはできる」という趣旨のため、長く続けるつもりであれば本名登録しておいた方が無難です。

もしアカウントBANされても何の責任も持ちません。
参考にするのは勝手ですが、ならば責任も勝手に自分で取ってください。

それを踏まえて、本題に入りましょうー。



さて、LINEに登録するには、実在の電話番号を入力するか、Facebookと連携しなければなりません。

実在の電話番号という大事な個人情報を、どことも知れない会社に渡すのはかなりのリスクでしょう。
というか、そう考えてるからこそ、皆さんはこの記事を読んでるんでしょうけれどもw

そこでFacebookと連携する手段に出ざるを得ないわけですが、知っての通りFacebookは実名登録が原則です。

「原則」と書いたのは、著名な方々なら芸名やペンネームなんかでも「本名扱い」として個人が特定できるためで、そういう人達は本名でなくても芸名とかで普通に使ってたりします。
(もちろん本名登録している著名人もいっぱいいますが)

ただ、我々パンピーは芸名なんか持ってませんし、そもそも著名でもありません。
しかし、Facebookにすら個人情報を渡したくないというのであれば、偽名登録しかありません。
匿名でFacebookに登録だけでもできれば、その匿名FacebookアカウントにLINEを紐付ければ登録できます。

そこで、無理やりFacebookの登録だけでも匿名で行う方法を解説します。

重ねて言いますが、普通にFacebookを使いたいのであれば、普通に実名登録しましょうね。



さて、FacebookのTOPページから登録しようとすると、こういう画面が出てきます。

fb01.png

姓名はともかく、メールアドレスや携帯電話番号はモロに個人情報に関わるため、入力をためらう人もいるでしょう。

そこでフリーメールや使い捨てメールアドレスなどを使ってムリヤリ登録に踏み切ろうとすると、こういう画面になります。

fb02.png

結局は携帯番号か携帯メールアドレスが要るんかい!!

とキレそうになって、Facebook登録を諦める人もいるかと思います。
(先にネタバレすると、この時点で「仮登録」はできてるんですが、これについては後述)


じゃあどうすればいいかっつーと、まず誰でもいいのでFacebookのページを開きます。
幸い、SNSであるFacebookとはいえ、閲覧なら誰にでもできます。

ここでは例として内閣総理大臣の安倍晋三さんのページを利用しますが、ぶっちゃけアナタの知り合いとか、全く知らない人のページでも構いません。

未登録でページを開くと、ヘッダ部分にこういう表示が出ていると思います。

fb03.png

ここの「アカウント登録」をクリックして、情報入力ページに進みます。

すると、先ほどと似たような登録フォームが出てきます。

fb04.png

ここで、適当な名前とメールアドレス、誕生日および性別を入力します。
名前・誕生日・性別は適当でOKです。
たとえば上の画像では今年99歳になったおじーちゃんが登録しようとしている、ってことになりますが、全く問題ありません。

メールアドレスはフリーメールでも使い捨てメールでもOKですが、一時的にしろちゃんとメールが届くアドレスにしましょう。

「使い捨てメールアドレス」とかで検索すると、10分とか30分とかだけ有効なメールアドレスが利用できるサービスがゴロゴロしているので、その辺を適当に選びましょう。

ただ、あまりにも有名な使い捨てアドレスを使うと、フィルタで弾かれて登録できないかもしれませんので、若干マイナーなところ(新興サービスがオススメ)を使うと見逃されやすいです。

具体的な使い捨てメールアドレスのサービスをここで紹介しちゃうと、Facebookさんのフィルタに追加されて弾かれかねないので、その辺はご自身で勝手に選んでください。


そうして登録すると、さっきは「携帯番号か携帯メルアド入れろ」と出てきたのに、今回は違う画面が出てくると思います。
なんか知りませんが、誰かのページを経由すると、携帯番号云々の処理が飛ばされるみたいです。


fb05.png

各種サービスのアドレス帳なんかに登録されているメールアドレスなどを読み込んで、友達を探す手伝いをしてくれるらしいのですが、あまりにも巨大なお世話なので、一応チェックを外してから「スキップ」をクリックします。


fb06.png

続いて、ユーザーのプロフィール入力画面です。
ありえない情報を入力してもいいですが、怪しいと思われるとアレなので、何も入力せずデフォルトのまま「スキップ」でOKです。


fb07.png

んで、ユーザープロフィールの写真をアップロードしろとか言ってきますが、「俺の肖像権とってんのか!」などと罵声を浴びせつつ「スキップ」しときましょう。

そうすると、無事に「(仮)登録完了」です。
こんな画面になってるはずです。

fb10.png

なんか知りませんが、やたらめったら友達を追加させようとしてきますが、完全に無視してOKです。
ただし、このままだとまだ本登録に至っていません。
少しでもアカウント停止を先延ばしにするため、本登録をしておきます。

画面上部にこんなアラートが出ていると思います。

fb08.png


先ほど登録に使ったフリーメールor使い捨てメールを開き、受信メールからアカウントの本登録をします。

fb09.png

「アカウント認証」ボタンを押せば、実在の個人情報を一切入れることなくFacebookアカウントが作成されます!


・・・実は先ほども言いましたが、TOPページからの入力画面で登録しようとしたとき(「携帯の電話番号入れろ」という画面が出た時)、すでにメールアドレスに本登録のメールが届くようになってます。

そこから本登録もできるんですが、じゃあなんでワザワザこんな回りくどいことをしたかというと、

実在する自分の個人情報の入力を回避しつつ、少しでも登録情報を多く入力することによって、アカウント停止のリスクを下げようとしているからです。

LINEだけじゃなくて他のサービスでもFacebookと連携していきたいのであれば、少しでも長くアカウントが存続しているに越したことはありません。

『本当に一瞬だけFacebookに登録できりゃOKで、以降はいつ停止されても問題ないよ!』というのであれば、TOPページからの登録でもいいかと思います。


ところで、この状態で放置しとくと、登録したメールアドレスに「Facebookで友達と繋がろう!」というマルチ商法みたいなメールが死ぬほど届きます。

使い捨てメールアドレスなら数十分でアドレス自体が消えるので放置でOKですし、日常的に使うようなフリーメールで登録したのなら、フィルタ機能とかを使って弾くようにしとけば、ウザくなくなって精神的に良いです。


さて、一瞬(かもしれない)とはいえFacebookに登録できたので、すぐにLINEの登録作業に入りましょう。

アカウントを作成するときに、電話番号を入力する代わりにFacebook連携を選ぶだけですので、めっさ簡単ですね。

もちろんLINEに登録するときも、実在しない個人情報を入力しときましょう。

Facebookは原則実名登録が基本なので、匿名・偽名で登録した場合は、いつアカウント停止されても文句は言えませんが、LINEはいくら連携先のFacebookが匿名だろうが、単に連携しているだけなので、(普通に考えれば)アカウントをどうこうされる可能性は限りなく低いはずです。

これで、若干アレげなソーシャルネットサービスでも、実在する個人情報を自分から入力していくスタイルは減らしていけるんじゃないかと思います。

また、他のソーシャルネットサービスやゲームなんかでもFacebookとの連携で登録できるものが多いので、アホみたいな企業に個人情報を渡すリスクを限りなく減らせます。


信頼できると思った企業でもカンタンに個人情報をお漏らししたり、顧客のデータを怪しい連中に売ったりしているアホはいっぱいいますので、この新ネットワーク時代、自分の身を守るのは自分しかできません。

技術革新に法整備が追いついてないどころか、後手後手に回ってるばかりです。

それをいいことに、法律ギリギリのところで商売をしている企業がいっぱいありますので、こちらもそんな企業にマトモな情報を渡さんといけないいわれはありません。
(べつにLINEやFacebookが悪徳企業と言ってるわけじゃないので誤解なきようw)


ということで、あくまで自分の判断をもとに、信頼できるサービスを見つけていけばいいと思う次第です。
posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105532125
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。