2014年08月27日

<物語>シリーズキャラクター人気ランキング

はいどうもー。
また10日ぶりの更新となってしまいましたが、別に狙ってるわけじゃありませんよクリフジです。

<物語>シリーズのセカンドシーズンも、ついにこの8月放送の「花物語」をもって終了してしまいました。
俺の嫁 神原駿河の登場話(花物語ね)が死ぬほど遅れた件について、シャフトに言いたいことは星の数ほどあるんですが、まぁそれは置いといて。

セカンドシーズンが一段落ついたってことで、先日からアキバ総研さんで行われていた、人気投票の結果が出てました。

結果はこちら。

<物語>シリーズ キャラクター人気ランキング


はい、まぁこの結果になって私の言いたいことはほぼ決まってますし、おそらくこの記事を読んでる方も薄々わかってると思いますので、その辺については以下「続きを読む」からどうぞ。

・・・この言い回し、偽物語の時もやった気がするけど気にしないでね!

 







なんで神原駿河が8位なんだよド畜生ォーーーーー!!


アレだ、1位の忍ちゃんはわかる。 仕方ない。
セカンドシーズンではあんだけプッシュしてたし、「傾物語」と「鬼物語」で大活躍(?)してたからね。
一番くじは単独企画が通るぐらいだから、人気度が高いのはわかっていたよ!
しかもキスショットと別集計でこれだよ! もし同一得票だったら590票オーバーでさらに圧倒的だったよ!

それにひきかえ神原駿河は「花物語」以前では「猫物語(白)」にチョロッと出てたぐらいで、もうほっとんど出番が皆無に近いと言っていい。

でもさー。 8位はないだろーーー?

ほら「花物語」の神原駿河って格好よかったじゃん!
沼知蝋花とバスケ勝負する時とか眩しかったじゃん!
貝木泥舟に丸め込まれる時も可愛いかったじゃん!
エンディング映像も輝いてたじゃん!



あれか? やっぱりセカンドシーズン全体における露出度の高さが原因なのか?

ガハラさんは「猫(白)」で委員長と共にお風呂シーンで全裸披露してたし、「恋物語」ではアララギくんのために裏で宿敵・貝木泥舟とわりとガチの交渉してたし、あまつさえ「囮物語」ではアララギくんを助けるためラストで超ファインプレーしてたし、まぁ派手さはないけどメインヒロインとしての立ち回りしてたからね!

3位の八九寺Pは元々の人気に加え、「鬼物語」の成仏が効きまくってるとしか思えない。
「傾物語」では成長した八九寺さんも出てきたし、なおかつ円盤の副音声ではロリトリオで大暴れしてたし。
復活希望票がいっぱい混じっててもおかしくない。
そういう人は大丈夫だ安心しろ、「終物語」で復活するから。

以下羽川委員長も「猫(白)」のメインだし、「恋物語」での登場もあるし、白髪混じりのヘアスタイルも概ね好評(三つ編みメガネの方が好きだった派もいっぱいいるけど)だ。
こちらもブラック羽川とは別集計だから、もし同一計算だとしたら530票になって、忍ちゃん+キスショットに次いで堂々2位にランクインする。

貝木泥舟に至っては個人的にも好きなので5位おめでとうとしか言い様がないけれど、やっぱ「恋物語」で出ずっぱりなのが効いたんじゃないかな。



・・・うーん、やっぱこうして見ると、露出度の高いキャラが上位にランクインしてるようだから、「花物語」が締め切りギリギリの放送(投票締め切りが8月20日、花物語の放送が8月16日)だったのが災いしたか・・・。


・・・ん? あれちょっと待って。

そういう意味では、セカンドシーズンではかなりの重要ポジションにいて、それなりの露出度で、べつに見た目も悪くないはずの臥煙伊豆湖さんが18位ってひどくね?

アレか? 性格のせいか?
それとも年齢か?

ほぼ出番なしの影縫余弦さんとか、顔もマトモに出てないガハラさんの父親より下ってこれもうわかんねぇな。



結論!

今回の投票結果は納得いかない(主に投票時期)ので、やり直しを要求する!!
総投票数も3800そこそこ止まりなんて合点がいかん!
せめて総投票数が1万を超えないと認めん!

具体的には春が大好きっさんあたりで本当よろしくお願いします。


kanbaru3.jpg

できましたら神原駿河! 神原駿河に一票を!!

posted by クリフジ | Comment(0) | TrackBack(0) | <物語>シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102839939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。